メール配信システムの選び方

目的と用途を決めてから選ぼう

メール配信システムを導入して運用したいと考えたときには目的と用途をまず決めることが大切です。どのような頻度でどんな内容のメールをどのターゲットに対して配信したいのかによって選ぶべきシステムは異なります。設定可能なパラメーターや使用できる機能はシステムによってかなり違いがあるからです。ただし、共通して使える機能だけで十分なのであればこの点に関しては問題はありません。また、誰がメール配信をするのかによって、オンプレミス型ではなくクラウド型を選んだ方が良いという場合もあるでしょう。逆に内容によってはセキュリティーを重視しなければならず、クラウド型では心配だからオンプレミス型にすべきと考えられることもあります。

見積もりを取得して比較しよう

目的や用途から考えて適切なメール配信システムを絞り込んでいくと候補がいくつかピックアップできるでしょう。その候補の中からどれが良いかで悩んだなら料金で選ぶのがベストです。明朗会計になっているシステムもありますが、見積もりを取ってみないと正確な金額はわからないのが一般的です。候補にしたメール配信システムについては見積もりを取ってみましょう。どのような頻度で配信するかによって費用が変わるシステムもたくさんあります。当面はどのようにメール配信システムを運用するのかを具体的に決めておくとスムーズに見積もりを取れます。その金額を数社で比較してみると、リーズナブルで使い勝手の良いシステムを導入できるのです。