メールサーバーの構築方法

メールサーバーの構築には様々なメリットがあります

現代のビジネスにおいて、インターネットの活用は必要不可欠なものとなっています。特に顧客とのやりとりに使用するメールは、重要なビジネスツールのひとつだといえるでしょう。メールを送受信する機会が多い事業者は、メールサーバーの構築を検討してみてはいかがでしょうか。メールサーバーの構築には様々なメリットがあります。まずはメールサーバーを構築することにより、自社ドメインの使用が可能になることがあげられます。アドレスに企業名などが入った自社ドメインの使用は顧客への訴求性が高く、信用の獲得に大きく役立ちます。さらにセキュリティレベルの向上も、メールサーバー構築の大きなメリットになります。大切な顧客情報を第三者から守ることは、企業に課せられた重大な責任なのです。

STMPサーバー・POP3サーバー・DNSサーバーが必要です

実際にメールサーバーを構築する際には、3種類のサーバーの設置・設定を行います。STMPサーバーはメールの送信や配信を行うサーバーです。社内で作成したメールを、相手方のメールサーバーに送信します。さらに相手方からのメールを受信した際には、これを受け取ってPOP3サーバーに配信するのです。POP3サーバーは受信したメールを保管して、サーバーにアクセスした社内のユーザーに配信するサーバーです。DNSサーバーはメールを送信する際に必要なサーバーで、メールの受取先となる相手方のSTMPサーバーのIPアドレス確認を行います。小規模なメールサーバーを構築するのであれば、特別なハードウェアの追加は必要ありません。基本OSに専用のソフトウエアをインストールすることで、メールサーバーの構築が可能になります。